先日のインスタグラム事件について【続編】

俺はいつもことある毎に言ってるが、賢くない人間とは関わりたくない。

なぜなら自分の人生にとって有意義なものにはならないし、効率性を優先する俺の性分では時間の無駄としか思えぬからだ。

だから、賢くない人達を概ねメイン・ターゲットに据えて、この文章を書いている時間も、本来ならば別のしたいことに費やされるはずだったから、極めて不本意なのだ。

ただし、この言い方だと誤解を与えかねないから、もう少し詳しく言うと、「俺に不利益をもたらす賢くない人間とは関わりたくない」ということ。

随分と変なプライドをかざすヤツだなと思われるだろうが、こんな俺でも、いや、こんな俺だからこそ賢くない人間から舐められたくないし、今後もこのスタンスは変わらない。

本当に賢い人達からみたら、俺は賢くはないのだろうが、それでも俺は賢い人達の末席にいると自分で信じている痛いヤツだ。

痛いヤツだが、自分で自分のことを賢い人達の末席にいると信じているのだから、バカにされたり、貶められたり、辱められたりするのが最も許せない。

以前からSNS上で俺と揉めている燕(仮名)は、そこを突いて俺を晒し者にして嘲笑い、毎日攻撃しているのはすでにご承知の通り。

前置きが長くなった。

またまた、今回のインスタ事件について語ると…。

バカにされたり、貶められたり、辱められたりするのが最も許せない、プライドの塊である俺が、どうして「公序良俗に反する不正な画像」を自ら己のインスタグラムにアップするという、プライドを落とすようなことをできようか。

前回のブログでも書いたが、俺のインスタグラムにはあそこでしか見られぬ写真が結構ある。

俺なりにアングルにこだわって撮影した写真や、大した写真ではなかったけど、トリミングで何とか見られるように仕上げた写真もあったり、その時にたまたま居合わせた見知らぬ人達を撮影した写真もあったり、あえて原点回帰して久々にフィルムカメラで撮影した写真、等々。

それらは、もちろん俺の発信物・表現物であり、俺という人間を理解し得るツールでもあり、失ってはならぬものなのだ。

その自分の分身のようなインスタグラムに、わざわざ「公序良俗に反する不正な画像」を自らアップするわけないじゃんか!

わざわざ「公序良俗に反する不正な画像」をアップしたら、自分なりにこだわって表現した写真が元も子もない存在になってしまうし、自分で自分を傷つけてしまうことになる。

自分の書いた会心の出来栄えの掛け軸に、自分でなぐり書きや落書きをするようなものだ。

「いや、GoRINGSなら”自作自演”をやりかねない、そういうヤツだから」

そんなふうに見ている人間は、一体普段の俺のどのような部分を見て、そう思うのか。

バレなきゃ犯罪行為を重ねてもいいんだということで毎日犯罪行為をし、正論をぶつけられたり論破されると嘯いたり、ヤバい状況になると丸っきり無視して何事もなかったかのように振る舞うような不誠実な燕(仮名)のほうではなく、俺のほうが”自作自演”をやりかねないという部分があるならば、それをしっかりとわかるように俺に教えてほしいもんだね。

もし、また俺のスマホが残念にも不覚にも燕に乗っ取られ、インスタグラムに勝手に画像をアップされたらと思うとゾッとする。

これまでにおける燕の犯行実績からして、犯罪行為がエスカレートしてきた経緯があるから、次にまた俺のインスタグラムを乗っ取ったら、その時にこそ「俺の恥ずかしい画像」をアップするだろう。

そうなった時に、燕推しになった人達は今回同様に「GoRINGSが自分で自分の”恥ずかしい画像”をアップして、”自作自演”をしているのだ!」と主張するのか?

9月に恥晒し者にされたのがわかった時に、一瞬でも本当に自決が頭をよぎった俺が、あえてわざわざ「公序良俗に反する不正な画像」を自ら己のインスタグラムにアップするわけがない!

Aさん(仮名 ≠兎)、あなたは俺が自決しようとしたのを燕発信の”毎日GoRINGSニュース”で知っているじゃないか。

そんな俺が”自作自演”すると本当に思っているのか?

俺よりも燕を推す理由を訊きたい。

俺は自分の発信してきたもの、表現してきたものについては俺そのものであり、それらを見てもらえば、GoRINGSという人間の一端がわかるという前提で作ってきた。

だから、己のインスタグラムに自ら「公序良俗に反する不正な画像」や「己の恥ずかしい画像」をアップするようなことはしないし、今後もない!

これだけ俺が俺の言い分を、俺という人間を正しく知ってもらいたいがゆえに懸命に説明しても、わからぬ人間はいるんだろうね。

一方で、容疑をかけられて無実を訴えたいという時に、俺のように多くの人達に対し、一生懸命に自分の言葉で心の底から説明することを、なぜかしない人間もいるから不思議だ。

燕のヤツが、自分の身の潔白を多くの人達に向け証明するためにしていることは己の言葉による一生懸命な主張ではなく、どこかで見つけてきた他人からのリツートだったり。

自分自身の言葉ならば、”伝言ゲーム”にはならず、自分の伝えたいことをダイレクトで伝えることができるので、誤解や曲解のリスクが少ないであろうことは言うまでもない。

ところが、燕は他人からの拝借物で身の潔白を多くの人達に伝えようとしているのだから、疑わしい限り。

本気でそれを伝える気があれば、俺と同じように多くの人達の前で熱弁を振るうはずで、わざわざまどろっこしい”伝言ゲーム”をする必要がないし、する余裕なんてないはずだし、何人(なんぴと)にも理解されやすい手法を採るはずだ。

それをしないということは、つまり、燕は舐め切っているのだ。

①実行犯の燕を見抜けぬ人間が実在し、また増殖しているのだから、他人からの借り物の”伝言ゲーム”でいい
②そもそも実行犯なんだから、身の潔白を証明することなんかできるわけがなく、だからボカすくらいでいい

以上のようなことで、燕は他人からの拝借物で、虚偽の「身の潔白」を多くの人達に伝えているのだ。

これが裁判だったら、燕が他人からの拝借物によって己の身の潔白を晴らそうとすることは、ナンセンスも甚だしいし、通用しない。

全く別のところで起きた事案を、ただ相似する・近似するというだけで短絡的に引用し、今回の件に無理やり当て嵌め、さもそれら事案同士が全く同じかのように錯覚させ、GoRINGSの犯行があったかのような世論操作をする燕。

己の正当性や身の潔白の証明でこうした手法を採用することは、あまりにも稚拙で論理性に欠け、強引過ぎるものであり、実際の裁判では通用せぬし、全然有効的ではなく、むしろ、余計に状況の不透明さを際立たせる行為に他ならない。

引用した事案と今回の事案が全く同じというならば、その理由をしっかりと説明してほしい。

その説明も他人の借り物でするなら、まさに論理破綻者であり、討論弱者であることの証だ。

というか、そもそも誰が見ても、引用した事案と今回の事案が全く同じなわけないし。

燕はこの1ヵ月という短期間でも、俺に濡れ衣を着せたり、好きな娘に対し”自作自演”の攻撃をしかけているほどのワル。

今後も燕による悪事は幾度も出現し、継続されるはずだろうが、その度に俺を疑ったり、濡れ衣を着せる人間が出てくるようだと、その人間は間違いなく賢い人達から嘲笑の対象となるだろう。

【おまけ】

被害者としての怒りや悔しさ等を発露するだけで、「お前は喧嘩を売っている!」、「お前の発信は創造的でない!」とかをいきなり揶揄されたり、噛みつかれたりする。

揶揄や噛みつきを被害者に対してだけやって、加害者に対してやらないのは、いかなる理由からなのか?

「毎日犯罪行為をしている貴方、いい加減やめなさいよ!」とは燕に対し1回も言わずに、俺には既に何回も噛み付くのは、俺に恨みがあるのか?

前々から俺は言っているが、気に入らなきゃ俺のSNS等にアクセスしなくていいから。

本来の敵・燕とは別のところで喧嘩をふっかけられる俺の身にもなれよ、賢くない人。

あと、言い忘れた。

このブログは恨み節ブログではないから、正常なものも発信してゆく。