2代目スーパータイガーに必要なもの

2代目スーパータイガーが勝つものと思っていた

A:
今回のリアルジャパン・プロレスは、いつもよりオレ、ワクワクしてたよ。
B:
2代目スーパータイガーがデビューするっていうからね。
C:
しかし終わってみれば、惜敗だったもんな。オレとしては、小川直也のプロレス・デビュー戦みたいになるのかな、と思ってたんだけど。相手は試合巧者の日高だけど、しっかり2代目スーパータイガーが勝っちゃうみたいなね。

A:
でもそこまで甘くはなかった。2代目スーパータイガーの蹴りは一発一発が重かったけど、トータルでみたら発展途上だよね。まだまだ十分上積みが見込めるよ。
C:
そうだね。細かいところを言うようなんだけど、2代目スーパータイガーはなまじっか均整の取れた体型であるがゆえに、技のかかりがゆるかったりね。
B:
具体的にどんなところが?
C:
2代目スーパータイガーがチキンウィング(・フェイスロック)をかけた時、腕がスリーパーになっちゃってたじゃん。頬骨を締めるべきところなのに。
A:
2代目スーパータイガーの腕が長いから、弛んで首に巻きついちゃったんだよ、あれは。
B:
ああ、そうかあ。かけられた日高もそんなに体がデカイわけじゃないし、確かにフィットしてなかったよな、隙間が空いてたりして。
C:
でも相手は日高で良かったと思う。他の選手ならもっとグダグダの展開になってたよ。日高が2代目スーパータイガーを巧く引き出していたと思うよ。欲を言えば2代目スーパータイガーが勝ってほしかった。オレは日高が負けるもの、2代目スーパータイガーが勝つものと思い込んでたからさあ。

2代目スーパータイガーには長期的に戦えるライバルが不可欠

A:
いろいろ暗いニュースが取りざたされた昨今のマット界だけど、この2代目スーパータイガーデビューっていうのは、久々に良いなあと思う出来事だったじゃん。それだけに黒星スタートってのは、嫌なんだよね、オレ。
C:
うん、わかるよ、その気持ち。
A:
だから今後2代目スーパータイガーには白星を重ねてほしいんだけど、そのためには相手を選ばないとさあ。
B:
シングルで名のある選手相手に白星を重ねるのはそうそう簡単じゃないもんな。そうなると2代目スーパータイガー自身の問題だけではなくて、いかに2代目スーパータイガーのためのライバルが必要かということになってくると思う。
C:
初代タイガーマスクに、ダイナマイト・キッドや小林邦昭とか、いいライバルがいたように2代目スーパータイガーにもいないとね。
B:
本気で2代目スーパータイガーの闘志に火をつけてくれるライバルが出現すれば、初代スーパータイガーのように、そのうちマスクを脱いでくれるかもしれない。シューティング・プロレスにはマスクは邪魔だ、とか言ってね。
A:
2代目スーパータイガーはそこまで踏襲しちゃうか(微笑)。でもそれくらい重要ってことだよな、ライバルは。
C:
オレは今思ったんだけど、「リアル・タイガー選手権」を開催すればいいんじゃないかと。
B:
「リアル・タイガー選手権」?
A:
何それ? 本物の虎を決めるってこと?
C:
虎の仮面を被ったレスラーの中で真のマット界虎一番を決めるんだよ。今回のリアルジャパン・プロレスの2代目スーパータイガー、初代タイガーマスクの他に、新日本プロレスの四代目タイガーマスクや大阪プロレスのタイガースマスクとか呼んでさあ。
B:
それはいいねえ(笑)。実際に対戦してみれば、良きライバルに発展する可能性も出てくるだろうし。
A:
よし、リアルジャパン・プロレスのリングで、「リアル・タイガー選手権」を開催してもらおう!
C:
じゃあ、実現にむけて乾杯!