12.20リアルジャパン・プロレス&掣圏真陰流の総括と今後の期待

12.20後楽園ホールでのリアルジャパン・プロレス及び掣圏真陰流の興行は、いつもとちょっと趣きが異なるものだった。“辰兄”あり、テノールの歌声あり、募金ありのバラエティ色豊かな興行だったのだ。今回も謎の3人が“トーキング・プロレス”を展開する。

12.20リアルジャパン・プロレス&掣圏真陰流の総括

A:
今回のリアルジャパン・プロレス&掣圏真陰流の興行を一言で総括すると、悪くはなかったね。
B:
ただオレとしては興行のバランスがやや悪かったかな。
C:
興行のバランスがやや悪いってどういうこと?
B:
今回は通常のトーナメントがなくて、掣圏真陰流は1試合のみだったでしょ。その試合も前半、後半に分けてやるとのことだったけど、前半で1本勝ちになったから、10分もなかったわけじゃない。プロレスと掣圏真陰流を半々に楽しみたいオレとしては、若干物足りなかったんだよね。
A:
でもその分テノールの歌声が聴けたり、“辰兄”が見られて良かったじゃん。

観客にボールを投げる梅宮辰夫

C:
最初後楽園ホールの北側リングサイドに梅宮辰夫に似た人が座ってるな~、と思ってたら本人だったもんな。メインの初代タイガーマスクVS鈴木みのるでは、両者に花束を手渡してたし。
B:
まあ、それはそれで普段見られないものが見られたから、今回のリアルジャパン・プロレス&掣圏真陰流の興行は良しなのかな。

2代目スーパータイガー、タイガーシャークは成長したか?

飯伏とタイガーシャーク

B:
タイガーシャークは、前回大会に比べて成長の跡は見られたよね。
A:
「おろおろ感」はなくなってたね。特に落ち度は見当たらなくて、キックもスムーズに出していたと思うし。ただ一つ気になったのは、声がこもってたんだよね。
C:
手厳しいなあ(苦笑)。
A:
なんか巻き舌で声を出してるように聞こえちゃう(微笑)。声が通れば、技がさらに気合の乗ったものに見えると思うんだよ。そういう意味では何か損してる。
B:
マスクマンだったら、ああいう声だろう(苦笑)。そこまで辛口評価することもないんじゃない?
C:
2代目スーパータイガーについてはどういうふうに思った?
A:
やっぱりもっと技の一発一発がはじけてほしいよね。相変わらず遠慮してるように見えるんだよ。
B:
確かに思いっきりの良さが欲しいね。でもこれは第1試合の若手にも言えることなんだけどね。

「初代タイガーマスクVS鈴木みのる」、佐山サトルと小林邦昭の関係について

C:
メインの「初代タイガーマスクVS鈴木みのる」は、急にプッツリと試合が終わったような感じだったな~。

鈴木みのるにタイガー・ドライバーをかます初代タイガーマスク

鈴木みのるにキックを叩き込む初代タイガーマスク

B:
完全決着ではないけど、一応初代タイガーマスクが勝ったから、オレは素直にうれしい!
A:
オレも初代タイガーマスクが勝ったから、うれしい。だけどさ、佐山サトルと小林邦昭があそこまでベッタリだと、なんか野球でいうところの星野仙一と田淵幸一のような関係に見えちゃって、20数年前の二人の抗争が薄らいじゃうんだよ。あの時の記憶を大事にしたいからさ~。
C:
これまた手厳しいなあ(苦笑)。
B:
でもあの二人が一致協力して鈴木みのるに立ち向かって勝利したんだから、あれは良いと思うけどなあ…。
A:
それがオレは引っかかるとこでさ~、シングル戦なのに「2対1」に思えたんだよ。鈴木みのるは、初代タイガーマスクと小林邦昭の2人と戦ってたというね。
C:
それを言ったらさ~、初代タイガーマスク、鈴木みのるの両者はレフェリーのユセフ・トルコとも戦ってたってことを言いたくなるよ。初代タイガーマスクに都合の悪いレフェリングしたかと思えば、鈴木みのるにも都合の悪いレフェリングしたりしてさ~。どっちにえこひいきすることなく、分け隔てなくいい加減だったよね。
B:
分け隔てなくいい加減(苦笑)。
A:
まあそう言ったらキリないわな。うん、あれはれっきとしたシングル戦でいいですよ。そういう解釈にしときます。
C:
なんだそりゃ。

今後の総合マット界における展開と「新総合格闘技」

A:
今後佐山サトルは総合マット界において、どういった展開を考えてるんだろうね?
C:
先日佐山サトルが発表した「新総合格闘技」がとても気になるよね。
B:
ああ、「新総合格闘技」か~。いつ動くんだろうね。「新総合格闘技」軍団が掣圏真陰流軍団を凌駕するっていうのが観たいな~、オレ。かつての闘龍門でさあ、T2P(Toryumon 2000 Project。以下文中表記はT2P)が闘龍門JAPAN連中を凌駕したのがあったけど、あれみたいにさあ。
A:
ジャベを駆使したT2Pが、先輩にあたる闘龍門JAPANをなぎ倒してったのは、観ていて驚きだったよな。
C:
実現したら面白いだろうな~! かつての新日本プロレスとUWF軍団の抗争みたいにも思えるし。
A:
でもさあ、「新総合格闘技」という名称で決まりなのかな? 「(仮称)」って付いてないから「新総合格闘技」のネーミングで決まちゃったりして。
C:
それだとあまりにも安直な感じがするよね。「新しい鉄道幹線を造るから『新幹線』」みたいなのと同じになっちゃう(苦笑)。
B:
まあ、その辺りはセンス抜群の天才・佐山サトルだから大丈夫だろう。今度は「陰」じゃなく「陽」にするのかもしれないし(微笑)。
A:
しねえっつうの!