UFCの一番の欠点とは?

しばらく更新が空いてしまったが、前回の告知どおりUFCについて触れてみたい。UFCといえば今ではすっかり“メジャー・リーグ”級になってしまったが、はたして全てがそうなのか。また真剣に総合格闘技の発展について考え、取り組んでいるのだろうか。私なりの捉え方を書いてみたい。

総合格闘技を生業にし、かつ観客を魅了するのが総合プロ・ファイター

UFCってプロレスを出自にしていない。これが良いことなのか、悪いことなのかは各人意見が分かれるところだと思う。私が思うには、悪いことの方が大きいとみている。

それはなぜか? オクタゴンで戦う選手たちには、日本でいうところの“プロ意識”が乏しいように思えるからだ。

この私の考え方を前述の選手たちにぶつけたとしたら、おそらく次のような答えが返ってくるだろう。「ちゃんとファイト・マネーをもらって、それで飯を食ってるんだから、オレたちはプロに決まってるだろう」と。

総合格闘技を生業にしていることは、もちろんプロであることの条件の一つだろう。しかし密室で戦って誰が強いのかを決めてるわけではなく、観客のいるところで戦っているのだから、リアル・ファイトを崩さずに、なおかつそこの観客を魅了しなければならない。これこそが真のプロだと思うのだ。

「興行デザイン」に長けていないUFC

こんな日本のファンなら誰でもわかるようなことが、海外の総合ファイターたちは実践していなかったりする。こうした魅了することも含めたプロ意識が、とりわけUFCでは欠如しているように思えてならない。

それは言い換えれば、UFCは「興行デザイン」に長けていないし、進んでそれに取り組もうという姿勢も現状では見られない表れでもあるのだ。

ただ日本で売れてる選手を引き抜いて戦わせればいい。「選手、試合、興行を魅せる」という部分においては、無頓着。PPVさえあれば闘鶏でも闘牛でもよくて、たまたまそういうのが総合格闘技だったというくらいにしか思っていないのかもしれない。

絶対に総合格闘技を全世界的なスポーツとして根付かせて発展させるんだという愛着や、魅了手法を含めた興行論が採られていないように私には思えてしまうのだ。

ファイトマネーでみると確かにUFCは“メジャー・リーグ”級かもしれないが、「興行デザイン」的な観点から言えば、“マイナー・リーグ”級と言わざるを得ず、そこが一番の欠点だろう。

高品質のファンを切り捨てたUFC

先日飛び込んできた「PRIDE事務所の閉鎖」というニュース。これはUFCによる日本総合マット界の切捨てを意味する。質、量、歴史で他国に誇れる日本のファン。その高品質なファンのいる日本市場を平然と切り捨てるということは、もちろん日本市場がなくても大儲けできてるということもあるが、以下のことも言えるのではないか。

つまり日本市場(日本のファン、放送局)は選手、試合、興行に対し要求水準が高いから、米国市場に比べコストがかかるのだ。

日本人の発想だと「損して得取れ」という諺にもあるように、最初のうちは採算が取れないかもしれぬが、地道にやっていけば長い目でみた場合、利益を生むかもということを考える。

しかしUFCは、要求水準が高くて、コスト高で、ややこしくて面倒な日本総合マット界をあえて相手にしなくなったのだ。これではUFCには理念がなく、拝金主義しかないと思われても仕方ないだろう。