前田日明リングス総帥、ウルトラマンを熱く語る!

前田日明リングス総帥が、ニコニコ生放送『ウルトラマンを熱く語る! スペシャル座談会』に出撃だ!

【出演】
評論家・山田五郎氏(以下文中表記:山田)
アニメ特撮研究家・氷川竜介氏(以下文中表記:氷川)
スペシャルゲスト・前田日明リングス総帥(以下文中表記:前田

ニコニコ生放送『ウルトラマンを熱く語る! スペシャル座談会』出演時の前田日明

ウルトラマンの名(迷!?)バトルは、暑さとの闘い!

女子アナ
前田日明さん、皆さん御存知の通り格闘家でいらっしゃいます。
え、ですから格闘家として観た場合の、作品についてお訊きしたいんですけど。
前田
はい。
女子アナ
数々の敵を倒してきたウルトラマン。名バトルというのは、格闘家の眼から観てありますか?
前田
いや、あのう、今の眼から観るとですね…。
女子アナ
ええ。
前田
今の眼から観ると、当時はエアコンも何もない中でね、あの、白熱するじゃないですか、照明が。
白熱灯の思い出なんか自分ら(回想)するわけですよ。あのう、プロレスの世界でもですね、あの、旧両国、蔵前国技館だとか、大阪府立(体育館)だとか、冷房がなかったんですよね。
山田
(それは)暑い、暑い!
前田
ほんでテレビ用の白熱(灯)で照らされるとですね、第1試合で(もうすでに)リング上(の気温)が40℃になるんですよ。
山田・
氷川・
女子アナ
うわ~!
前田
メインイベンター(の出番)の頃になると、(リング上の気温が)50℃になるんですよ。
だからあのう、テレビの(収録で)撮るのあるじゃないですか、白熱灯。で、あの(撮影現場の)中で(ウルトラマンの)フルコスチュームを着て(殺陣してたのは凄い)。
ほんで今さっきあのう、(ゾフィーに扮していたスタッフに)訊いたところ、呼吸できるこの(口の部分の)一筋のなんか細~いラインのぐらいしかなくて。それであんなドタバタ(した怪獣との格闘シーンを)やってたわけでしょう。いやあ、あれは凄いなぁと思うけどねぇ。大したもんですよね、なんかねえ。
氷川
ウルトラマンは、最初のカラー作品なんで、特別(に照明)ライトが多いんですよ。歴代のウルトラ(シリーズ)の中でも1番たぶん多いと思うんですよ。(ウルトラマンや怪獣の着ぐるみに入っている人は)もの凄い暑かったと思うんですよ。
前田
話変わりますけどね、こんなこと言うと夢がなくなると思うんですけど。
女子アナ
ええ。
前田
高校(生)の時ね、あのう、北陽高校っつって…。
山田
はい、大阪の(高校ですね)。
前田
阪急(電鉄)の京都線にある、淡路の駅(近く)にある(高校なんですが)。
で自分は、(地元の)大正の駅から(JR大阪)環状線に乗って、梅田で乗り換えて、で(阪急電鉄)京都線に乗るんですけど。
ある時、夏休み直前で学校(に)行きたくなくなって、阪急百貨店(うめだ本店)に1回しけこんだんですよね。
で、屋上に行ったら、ウルトラマンショーをやってたんですよ。
山田
ほう。
女子アナ
へ~!
前田
炎天下の中の(ウルトラマンショーだった)。あー、ウルトラマンショーかぁ。ちっちゃい時、一所懸命に観たよなー。あの時(自分は、ウルトラマンを倒した宇宙恐竜)ゼットンの敵(を)討つって言ったなー、と思って観てたら、ウルトラマンが(怪獣との)アクション(の最中)で急にフッと、(いなく)なって、(ステージの)後ろに走ってったんですよ、怪獣ほったらかして。
んー、なんかなーって(ウルトラマンの後を)ついて行ったら…。
[ウルトラマンが後頭部のファスナーを背中に向けて下ろす仕草を前田日明リングス総帥が再現して]「おえ~っ!」って(ウルトラマンの中に入っている人が)吐いたんですよ。
山田
ハハ、やっぱ暑くて(気分がわるくなって吐いたんだろう)。
氷川
暑くて、(身体が)やられたんですね。
女子アナ
フフフ。
前田
いやぁ、大変ですよねぇ。いやぁ、ショックだったんですけどね。うわ~、ウルトラマンがゲ●吐いた~。
氷川
ハハハハ。
山田
ウルトラマンがえづいてる~(苦笑)!
前田
オレのウルトラマンが~!(笑)
山田
ハハハハハハ。
前田
チキショー!
女子アナ
それをご覧になられたのが、(前田日明リングス総帥が)高校生の頃(ですね)。
前田
高校(生)の時ですね。ちょっとショックだったですね、高校生の前田日明も(笑)。

ニコニコ生放送『ウルトラマンを熱く語る! スペシャル座談会』出演時の前田日明

進化するウルトラマンの格闘シーン

女子アナ
テレビ作品として例えば、ウルトラマン対バルタン星人ですとか、それこそ最終回のウルトラマン対ゼットンですとか、これは見応えあるバトルだったな、という作品、何かご記憶あります?
前田
当時、だからね、ボチボチなんかねぇ、えっと、んー、やれ空手だ、キックボクシングだっていうのが、なんか映像とか写真とかで、なんか観れるようになった一方で、でもあのう、そういう(空手やキックボクシングの)動きが、なんかウルトラマンの中で回を追う毎に、こう(=段々と)(ウルトラマンの中に入っていた)古谷さん(=古谷敏さん)が、(空手やキックボクシングの動きを取り入れるのに)努力されてると思うんですけど、なんか…。
山田
なるほど~!
前田
すごいなんか、アクション的だったですよね、段々ね。最初こうやってやって(=両手のグーパンチでひたすら振り回す動き)、でこうやって投げるだけやったのにぃ、(次第にウルトラマンは)パーンと飛び蹴りをやったりだとかー。
山田
はい、はい。
前田
(ウルトラマンは)いろいろ(な技を)やってましたよね。
山田
そうだ、あれ、当時キックボクシングブームが沢村(=沢村忠選手。”キックの鬼”の異名を持つ)とかがあの頃で、新しい動きがー。
前田
やってましたね。
山田
(新しい技が)増えてきますよね、確かに途中から。
女子アナ
へ~、あ~、なるほど~。じゃ、ウルトラマン、回を重ねる毎に、ウルトラマンのそのファイトスタイルが、段々リアルな手が入っているな、というようなことですか。
前田
最初はこうおっきな動き(=右手を大きく上から振りかぶっての、脳天唐竹割りチョップ)で、怪獣とかのあるのを見せるために、それが段々(技に)スピードとかも出てきたりとか、なんかこうハイキックやったりとか…。
山田
足技とか結構(やってた)。
女子アナ
あ~。
前田
(足技とか)やってましたね。
山田
そうだ、最初は力道山スタイルだもんね(と言って逆水平チョップの仕草をする)。
女子アナ
あ、力道山スタイル!
前田
こんなんですよ(と言って前田日明リングス総帥も逆水平チョップの仕草をする)。
女子アナ
はい、力道山スタイルという、今、山田さんの…。
山田
(力道山スタイル)からもう、段々キックボクシングとか空手が、要するに入りましたよね、打撃系(の技)が。
前田
(ウンウンと頷く)。
女子アナ
ああ、打撃系(の技が入りましたか)、なるほど。
前田
いや、でもね、それ、それ、それ(=打撃系の技)が入ってきてぇ、ってことは、なおかつ(格闘シーンの)動きが激しくなってくるじゃないですか。
あんな(動きづらい)抵抗のあるスーツ(=ウルトラマンのコスチューム)で、ビタっと(全身が)覆われて、で呼吸できるのは、この(口の)一筋のこの線のとこで呼吸する。
で、視界は、このちょっとしたこの辺(=眼)のところで見るっていうね、状況で。
で、こう、下(=足元)は、凸凹じゃないですか。変な(足場の)ところに(怪獣を)投げちゃったら、まあいくらこう(コスチュームや着ぐるみを)着けてるとはいえ、ねぇ、毎週、毎週撮らなきゃいけないのに、怪我しちゃったとかだったら、(番組としてのウルトラマンが)終わっちゃうじゃないですか。
だから当時のぉ、(制作)スタッフはなんか、たぶんもう、怪我しても何しても、もうとにかく(撮影を)やんなきゃいけないっていうかねぇ。結局(制作スタッフは)いろんな使命感を持って、(撮影を)やったんだなって思いますけどね。
女子アナ
あぁ。
山田
だからこれ言うとね、言うとまた、そのぅ、「おっさんは古いこと言う」みたいな、精神論って言われるけど、それ(=足元が凸凹だろうが、なんだろうが、身体を張って格闘シーンを演じていること)だからこそ(画面に)出る緊張感というか、ありますよね。
女子アナ
あぁ。
山田
(CG・3Dのない時代に)人力でやって、いっぱいいっぱいでやってるからこその、何とも言えないこの緊張感が。
氷川
当時ね、火薬とか全部CGじゃなくて、全部ホントに目の前で火が出てるんで。
女子アナ
ああ、そうですよね~、は~い。

以上、前田日明リングス総帥の出演していた約1時間のうち、筆者が気になった部分を抽出してみた。

純真無垢な前田日明少年と気の利いたおじさん

実は他にも前田日明リングス総帥は、ニコニコ生放送の冒頭で、前田日明ファンなら既知のネタ、「古代怪獣ゴモラの大阪城破壊」についても語っていた。

ご存じない方のために、このファン既知のネタを説明すると…。

ウルトラマンが大好きな、当時小学2年生の前田日明少年は、ウルトラマンの放送を観る度に「東京は、毎週怪獣が現れて、えらいこっちゃ! 大阪に住んでいて良かった」と思っていた。

ところが、『ウルトラマン』でついに地元・大阪にも古代怪獣ゴモラが出現、大阪城を粉々に破壊してしまう。

結果的には、ウルトラマンがいつものようにゴモラを退治するのだが、前田日明少年は、破壊された大阪城が気になり、放映日翌日に大阪城に行ってみた。

するとどうだろう、大阪城は破壊されておらず、これまでどおり。

まあ、当たり前といっちゃあ、当たり前ではあるが。

当時、不思議に思った前田日明少年は、その辺にいたおじさんに訊いてみた。

おじさん曰く「大勢の大人が、徹夜で大阪城を直したんや!」

だから大阪城が直ってて、壊れていないのか~、と前田日明少年は納得した次第。

純真無垢な少年と、気の利いた返答をしたおじさんの、何とも良い話だ。

ウルトラマン1つで、こうした微笑ましい話や、デパートの屋上で目撃したエグい話など、様々な観点で語れるのが面白い。

放送中、氷川さんも言っていたが、ウルトラマンは、喜怒哀楽やジョークもすべてが詰まったテレビ番組だ。いろいろ考えさせてくれたり、記憶に留めさせてくれたりで、子供の成長には有意義な作品と言えよう。

ご興味ある方には、ウルトラマン Blu-ray BOX Iでの鑑賞をお勧めする。