前田日明に総合マット界を託そう! 必要不可欠な第2次リングス

UFCがPRIDE(プライド)を飲み込み、総合マット界再編成の断行をしたかと思いきや、その翌日にはFEGがbodogらと共闘して「世界連合」を結成。2007年前半から日米総合マット界は大いに揺れた。ここ数日間は、UFC、PRIDE(プライド)、FEGがマット界の話題を独占した感がある。しかしこれら以外で忘れてはならぬものがある。そう、第2次リングスだ! 2007年の旗揚げを明言した前田日明スーパーバイザーには、総合格闘技ファンからの多大な期待がかかっている。そこで今回はその前田日明スーパーバイザーが旗揚げを画策している第2次リングスに焦点を当ててみたい。

前田日明スーパーバイザーを阻む「団体外敵」と「団体内敵」

FEGは、打撃格闘技部門ではK-1を、総合格闘技部門ではHERO”S、Dynamite!を運営しているのはご存知のとおり。最近になってスポンサーにソフトバンクがついたり、冒頭で言ったように米国の総合マット界において格闘技団体を束ねるなど、総合マット界を着実に歩んでいるように見受けられる。このまま順調に行けば、日米両マット界でのHERO”S・Dynamite!の定期開催も夢ではないだろうし、世界的なネットワークの構築も、じっくり広がってゆくことが考えられよう。

しかしここである疑問が生じる。順調にFEGの総合格闘技部門が発展した場合、前田日明スーパーバイザーの第2次リングスの旗揚げはどうなるのかということだ。普通に考えたら、成功してる真っ只中にわざわざその市場を手放すバカはいないだろう。

そうなると前田日明スーパーバイザーがいるFEGには、総合マット界での市場競争でUFCを負かしてほしいのだが、かと言って完全に総合マット界で天下を取ったら取ったで、前田日明スーパーバイザーの第2次リングスの旗揚げは困難を極めるのではないだろうか。そんなふうに思えてしまうのだ。

つまり第2次リングス旗揚げは、現在の前田日明の立ち位置から捉えた場合、敵は2つ存在するのだ。一つはUFC-PRIDE(プライド)。もう一つはFEGだ。村松風の言い回しを使うなら、前者は「団体外敵」、そして後者は「団体内敵」と言い換えることができよう。

総合マット界における前田日明の第2次リングス旗揚げの必然性とは?

前述の理屈で言ったら、FEGが総合マット界で天下を取る前に前田日明スーパーバイザーは、第2次リングスを旗揚げしないと、半永久的にそれは不可能ということだ。

しかしFEGが総合マット界で天下を取れない状況というのは、反対にUFC-PRIDE(プライド)が総合マット界で天下を取っている状況であるので、これはこれで前田日明スーパーバイザーの第2次リングス旗揚げには不向きの状況だ。

ではどうすれば前田日明スーパーバイザーは、第2次リングスを旗揚げすることができるのだろうか?

その前になぜ前田日明スーパーバイザーの第2次リングス旗揚げなのか。なぜ総合マット界には、前田日明スーパーバイザーの第2次リングスが必要になってくるのか。

それは以下の理由からによる。結論から言うと、やはり前田日明スーパーバイザーが総合マット界を仕切るべきなのだ。

  1. 前田日明スーパーバイザーは、”背広組”と異なり、”選手上がり”なので、選手の立場で考えたマッチメイクができるから。
  2. 前田日明スーパーバイザーは、企業運営だけの”背広組”と異なり、直接選手に指導できるから。
  3. 前田日明スーパーバイザーには、大物選手の原石を発掘する眼力があるから。
  4. 前田日明スーパーバイザーは、スポーツ生理学に基づいた、選手のリハビリセンターやジムの創設を計画しており、メジャー・スポーツとしての発展を常に考えているから。

また前田日明スーパーバイザーは、かねてから「格闘家が格闘技で飯を食えるような環境を創りたい」とか「”統一ルール”の下で様々な格闘技の選手が一堂に会して強さを決めるようなリングを創りたい」「オリンピックの競技としてリングスが入れられること。プロは世界各国にきちんとランキングができて、ゾーンや地域のチャンピオンと、それらの頂点にリングス統一チャンピオンシップがある。(週刊ファイト”95.7.13号)」と言い続けてきた。

その上、前田日明スーパーバイザーは、マッチメイクも選手の実力に合わせた相手を厳選し、”段階的スキル・アップ”の要素も加えて、選手の実力向上に貢献してきた。単なる"背広組"に総合マット界を任せるよりは絶対に良いに決まっている! そんなわけで前田日明スーパーバイザーの第2次リングスは必要なのだ。

前田日明スーパーバイザーの第2次リングス旗揚げのタイミングは?

UFC-PRIDE(プライド)同盟に対抗できるには、冒頭で触れた「世界連合」による包囲網もそうだが、やはりリングスネットワークが不可欠と考える。十数年間の総合ノウハウが詰まった各リングスネットワークの道場・ジム。そこで鍛えられた選手の中には将来有望な原石が絶対に埋まってるハズだ。埋まっていなかったら発掘して磨けばいいのだ。それができる人間は前田日明スーパーバイザーをおいて他にはいない。前田日明スーパーバイザーが第2次リングスを旗揚げすれば、リングスネットワークも馳せ参じ、総合マット界の問題は解決するのだ!

予めリングスネットワークと連携を図り、HERO”S、Dynamite!の米国開催で手応えを感じたら、その時こそが前田日明スーパーバイザーの第2次リングス旗揚げのベスト・タイミングだと思う。米国マット界で反響があれば、スポンサーの獲得は多少容易になると思われるからだ。仮にそこでFEGが前田日明スーパーバイザーを尊重しなかったら、先ほど述べた前田日明スーパーバイザーのメリットをドブに捨てるも同然で、前田日明スーパーバイザー抜きの"背広組"だけによる総合格闘技部門の運営は、まず発展しないだろう。