リングス主催『ジ・アウトサイダー(THE OUTSIDER)』は“闘志酵母”の大吟醸!

ついに前田日明が総合マット界で動き出した! 興行名こそ『THE OUTSIDER』だがリングス主催と謳っているからには、いずれ第2次リングスへと変貌を遂げるのではないか? 時代の生き証人になるべくディファ有明に繰り出した!

リングス主催『THE OUTSIDER』は“闘志酵母”から造られた大吟醸

船木誠勝と柴田勝頼から贈られた花

A:
結論から言うと、今回のリングス主催『THE OUTSIDER』旗揚げ興行は大盛り上がりだったな!
B:
オレ、はっきり言って会場に行く前はナメてたよ。プロ選手が誰一人出場しなくて、総合の技術もたいしたことなさそうだから、この『THE OUTSIDER』は盛り上がらねえだろうと思ってたらね~、実は違った!
C:
第1試合終了後、負けた選手の仲間が敵を取るべくリングに乱入して、ちょっとした乱闘騒ぎになったじゃん。あれはワクワクしたね~! 一瞬ここはZERO-ONE旗揚げ戦かと思ったもん(笑)。
B:
ああ、あれは『THE OUTSIDER』の出だしとしてはインパクト抜群で申し分なかったね。よくぞ乱入してくれたと。すかさずリングサイドから「スクランブル発進」した村上一成やスタッフに鎮圧されてしまったけど。
C:
久々に緊張感と熱気を味わったな~、オレ。これまでU系の会場って「静かな佇まい」が特色だったじゃん。けど今回の『THE OUTSIDER』旗揚げ興行は、選手の仲間たちの応援やゲキが跳びまくってたし、選手たちのアグレッシブなバトルも熱かったし。オレの完敗だよ。
A:
あ、おまえの負けなんだ(微笑)?
B:
全体的に出場選手たちは荒削りではあるんだけど、常にガンガン飛ばす攻撃姿勢には本当に恐れ入ったよな!
A:
THE OUTSIDER』は「闘志むき出し度」で言ったら、近年でNo.1の興行じゃないか。
C:
オレもそう思った。

リング乱入を制する村上一成

試合開始直前にガンを飛ばし合う選手たち

A:
日本酒に例えるとさあ、今回の『THE OUTSIDER』旗揚げ興行は、“闘志酵母”から造られた大吟醸だよ!
B:
え? 三ツ矢サイダーは“闘志酵母”から造られた大吟醸?
A:
違うっつうんだよ!
B:
わざとボケたんだよ、マジで怒るなよ(苦笑)。
C:
話を戻すけど、闘志がフル・スロットルだとさあ、格闘技術が多少相手より劣っていても勝っちゃうことができる、ってのが驚いたよ! そんな試合があっただろ?
A:
うんうん、確かにそんな試合があったよ。関節、グラウンドに引き込まれたら不利になるけど、とにかくスタンド勝負で殴って殴って殴り込んでっていう。
B:
何事も闘志とか気概なんだね。ありきたりな言い方になっちゃうけど、オレはそんな闘志マンマンの選手たちから今日はパワーをもらったよ。

角川春樹、高須基仁・高須基一朗父子、TARU、谷川貞治がTHE OUTSIDERを観戦(以上敬称略)

B:
そう言えばTARUが『THE OUTSIDER』会場にいたよ。
A:
やっぱりTARUはU系が好きなんじゃないか。去年4月の『カスイチ2』の時さあ、黒のショートスパッツとレガース姿でUWFのテーマに乗っかりながら入場したくらいだから。
C:
オレは高須基仁・高須基一朗父子を見かけたよ。
B:
あの人たちも前田日明リングス総帥と親交があるからね。
C:
勝った選手に賞をあげるんで角川春樹がリングに上がったじゃん。あれは意外だったね。
A:
阪神淡路大震災を予言した角川春樹だから、今回の『THE OUTSIDER』旗揚げ興行に何か感ずるところがあって観戦に来たのかもしれないな。
C:
何だ、その感ずるところって(微笑)。
A:
いや、オレに訊いてもわからない(苦笑)。
B:
ちなみに谷川貞治FEG社長もリングサイドにいるのを確認できたよ。
C:
南側の席から「谷川さ~ん、『THE OUTSIDER』テレビで流してくれ~!」っていう声がかかってたよ。
A:
実際、、『THE OUTSIDER』旗揚げ興行を地上波で流したら好評を博すと思うんだけどな~。

THE OUTSIDER』の課題は選手たちの進化か?

A:
次回の、『THE OUTSIDER』の開催予定は、配布されたチラシには7月って書いてあったよな。
B:
うん。またほぼ同じ選手が参戦するんだろうけど、この次はどうなるんだろね。
A:
勝った選手たちは褒められたり、認められたり、賞をもらったり、マイクアピールして自己表現できたりで、トレーニングのモチベーションが急カーブで上昇すると思うんだよね。
C:
負けた選手たちだって、大きく吹いたわりには負けちゃったから悔しくて、それをバネにトレーニングのモチベーションが急カーブで上昇するかもしれないじゃん。
A:
まあ、そうなんだけどいずれにしてもだね、現状よりさらにどこまで強くなるか、上手くなるかなんだよな。
C:
あと4ヶ月しかないけど、進化すると思うよ。あれだけの闘志、根性があるんだから楽しみだ。今よりさらに総合テクが身についたら恐ろしく強い選手になること間違いない。
B:
あとさあ、継続参戦していくうちにファイト・マネーの問題とかも出てくるだろうね。

全試合終了後集結して前田日明と記念写真

A:
それはプロとしての本当の強さが備わってきてからになるんじゃない? もちろん参加選手全員が強くなってプロ選手になれればいいんだろうけど、実際はプロ級選手になれるのはまたその中の少数に限られてくるだろうしね。
C:
いずれはDREAMの中軽量級に食い込んで所英男選手や山本KID選手なんかと戦えるくらいまでになってほしいよな。
B:
まあ、近い将来そうなるでしょ。

前田日明入場テーマ曲『キャプチュード』で終わった『THE OUTSIDER

前田日明とビキニ姿のラウンドガール

C:
とにかく今日の『THE OUTSIDER』旗揚げ興行は良かった! 全試合終了後、全選手の集結には、おなじみリングスの入場テーマ曲『THEME OF RINGS』がかかったし。
A:
そのうえ『THE OUTSIDER』旗揚げ興行は、前田日明の入場テーマ曲『キャプチュード』で始まって、『キャプチュード』で終わったしね。
B:
ラウンド・ガールがビキニで愛嬌あったしね(微笑)。やっぱり前田日明・リングスワールドの『THE OUTSIDER』は最高だね!